<< 英語勉強を始める前に読んでほしいこと | main | Photo vision >>

ScanSnap+カッター+iPadで

友達の家で触発されてから、この2ヶ月、クレジットの請求を嫁に見せられないくらいデジ物を購入。

まずは書籍取込関連のまとめ。自炊というみたいですね。

ScanSnap S1500が一台あると本棚半分位はみんな片付くのでは。
気軽にメモとかも取り込めるし、捨てづらい教材とかもどんどん取り込んじゃえる。
整理アイテムとして、どんな収納用品よりも優れていると思う。

個人的に一番気に入ってる組み合わせは、昔の写真をこれでiPhotoに取り込んで、iPadで表示。こんなに気軽に昔の写真を見られることって今までなかったし、iPadではリビングでみんなで見る事が出来るからすごく楽しくなる。

アルバムだと結局幼児期とかのしか見ないけど、iPadに入れるとちょっとした旅行のとかも見たくなるのがすごい。

場所も節約できるし、見る機会は増えるし一石二鳥。

写真ビューアーとしてのiPadが一番活躍してます。(次にWEB)


で、冊子に取り込みに必要な裁断機も買いました。
プラスの裁断機を購入する人が多いようだけど、場所をとるようだし、子供が小さいので、カールのディスクカッター購入。

大は小をかねると思ってDC−220Nを買ったけど、実際にはScanSnapに入る大きさを考えると、その下のサイズの210で十分でした。思ったより大きいので、収納場所はあらかじめ考えましょう。

切り心地はかなりいい。
雑誌なら30−40枚ずつにカッターで割いて、あとはこのディスクカッターでざっくり。

3−4冊練習しちゃえば、あとは10分もかからずどんな本/雑誌でも処理できるようになると思う。
プラスの裁断機も惹かれるけど、カッターで割く手間はそんなに問題じゃないので、本の取り込みをそんなにしないならばディスクカッターで十分。


ScanSnap取り込んだデータは、まだ電子書籍として読むことはあまり無いけど、

・どんな収納用品よりも場所節約効果あり(そう)
・写真でも何でもすぐに取り込める。とにかく早い!

の2点だけでもおすすめできる。

夏のボーナス衝動買いなら、iPadよりScanSnapを個人的におすすめです。

ちなみに、こんな個人向けの良い商品を富士通が?と一瞬驚きましたが、製造元のPFUってイメージスキャナでそもそもトップシェアで、富士通が最近株式交換で吸収した会社なんですね。

単体で上場してたら、バランスシートとかあまり関係なく、製品ファンとして買いたくなる。
評価:
富士通
¥ 40,299
コメント:デジ物に興味が全くない嫁が初めて、「私でもこれは良い買い物だとわかる。」とお墨付き。誰でもわかる良さ。

評価:
カール事務機
¥ 12,580
コメント:大は小をかねる、と思ったがスキャン用には無用に大きかった。。一つ違う型番の210で十分です。冊子をカッターで30枚位にして、これで背表紙を切る、というので十分実用できます。

at 23:23, なりさん, 日記

comments(1), trackbacks(0), pookmark

comment
ファク, 2010/07/01 11:37 PM

浮浪者がこれで拾った雑誌をうったら効率いいのになー。










trackback
url:http://narisanblog.jugem.jp/trackback/1393941